毎月やってくる生理とは

生理不順とは、毎月やってくる生理の周期が、長かったり短かったり、血の量が多かった少なかったり、血の出ている期間が長い場合、痛みがひどいときなどの体調不良のことをいいます。
生理周期の長さに異常がある場合には、子宮に関する病気になっている可能性があります。
また、ホルモンバランスが崩れていて、生理不順になっていることもあり、その場合にはホルモン治療などで治ることがあります。

病気でない場合、食生活の偏りやストレス、生活リズムの乱れが原因であることが多くあります。
その場合、避妊薬であるピルを使い治療することができます。
ピルは、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの二種類の女性ホルモンを含んでいる薬で、避妊だけでなく、月経周期をコントロールする副効用も持っています。
ピルによって、脳が女性ホルモンは十分にあると判断し、性腺刺激ホルモンの分泌を抑え、卵巣が休眠状態になり、酷使した卵巣が休息を取ることができるようになり、正常にホルモンバランスを再現することができるようになります。
ホルモンが正常に動くようになることで、きちんと28日周期で訪れるようになるのです。

その他にも、月経困難症が軽くなり、出血する量が少なくなる、子宮内膜症の治療として利用され、長期間飲むことで卵巣や子宮などのがんのリスクが減り、骨粗鬆症の予防へと繋がります。

しかし、乳がんや子宮頸がんなどのリスクが高まり、血栓症リスクが増えるなどのデメリットもあることを理解することも重要です。

生理不順の原因には、さまざまな可能性があります。病気やホルモンの乱れの他に、ダイエットなどが原因の場合もあるのです。
そのためには、食生活や生活習慣に気を使い、睡眠を良くとり、ホルモンバランスを整えることが大切です。

■生理不順の改善に最適です
トリキュラー 通販